スペース・エイド株式会社
9:00~19:30 何時でも可能
年中無休 ※年末年始除く
2019年10月23日
ブログ

ロフトってオシャレだな~ロフトのメリット・デメリット ちょっと雑学・豆知識

ロフトには大きくわけて2種類あります。

一つ目はワンルームのお部屋などでよく見られる、天井付近にスペースを作り、
下のフロアから取り外しができるはしごや階段で上り下りするタイプです。
一般的なロフトの認識はこちらが大多数かと思います。

ワンルームの場合、特に女性の場合、来客した方に寝室を見られるのは抵抗がある方も多いでしょう。 そんな場合も、ロフトがあれば寝室や収納代わりに使えて便利です。

元々ロフトのはしごは木製が殆ど(金属製の場合は専用ではない普通のはしごが使われていました)だったのですが、以前からその危険性が不安視されていました。
※過去に自分自身も折れたはしごから落ちた経験があります^^;


最近は階段タイプ(可動式からメゾネット風の固定タイプまで様々です)が増加傾向にあり、また、はしごも金属製でロフト専用のものにシフトしており、以前の様な危険や面倒はかなり少なくなりました。


拭えないデメリットとしては(特に最上階)夏暑く冬寒いという事はありますが、最近はロフトも大型化し、エアコンが付いていたり(もしくは寒暖対策をしている)するものも稀にではありますが見かけるようになってきました。

もう一つは自分も特にオススメしたいタイプです。

さて、もう一つは「スキップフロア」と呼ばれるタイプのロフトです。
スキップフロアは、いわゆる小上がりの事です。メインの部屋からは、やはりはしごや段差でつながっています。
前述のロフトの半分ほどの高さで、段差が少ないものが多いと思いますが、もちろん2階と変わらない高さに設けられる事もあります。

スキップフロアの一般の認知度はまだまだ低いのですが・・・オシャレかつ便利なんです!

スキップフロアは、ワンルームタイプのお部屋だけでなく、
狭小住宅を上手に利用する時にも大活躍します。

それほど高さもなく、安定感のある階段や段差を利用して上り下りするので、
荷物を運ぶ上でも危険は少なく、小さなお子さんがいるご家庭でも安全です。

ロフトは、上手に付き合えれば、利用できる空間を広げ、様々な用途で素敵な暮らしを演出してくれると思います。

是非有効活用して下さいね。

この記事を書いた人
藤田正広 フジタマサヒロ
藤田正広
2020年で不動産業界25年となります。当方の本拠地である桜木町・野毛エリアには美味しいお店がズラリと並んでおります。美味しいお店の情報はお任せ下さい♪と言いたい所ですが、このブログでは他のスタッフも皆食べ物系を書き込んでいるので、入る込む余地がない?!
arrow_upward