スペース・エイド株式会社
9:00~19:30 何時でも可能
年中無休 ※年末年始除く
2020年09月18日
不動産情報

告知事項がある建物には住まないほうが良い?不動産の告知事項ありとは②

告知事項にはどんなものがあるの?

告知事項はその内容により大きく4つに分かれています。

1.物理的瑕疵

建物の物理的な傷や損傷などの瑕疵です。
特に住居の場合、
人が住んでいないと建物はどんどん痛んで行きます。
元々あった傷や、
売りに出してから発生した傷や痛みをいいます。

具体的には、
シロアリによる構造材の痛みや雨漏りなど、
使用する上で物理的な欠点を指します。

他にも土壌汚染や地中の障害物も含まれており、
耐震性能の不足も、この瑕疵と判断される場合があります。

2.心理的瑕疵

告知事項の中で、
最も可否の判断が分かれる瑕疵です。

心理的に障害となるような問題を指しています。

例えば、取引する物件において
過去に自殺や殺人事件などがあったり、
火災や死亡事故が発生した場合など
これらは人によって購入や賃借を躊躇します。
このような心理的抵抗を持ちやすい瑕疵が
心理的瑕疵とされています。

これは事故や事件があった場合に適用されるケースが多く、
自然死の場合は心理的瑕疵に当たらないとされています。
これは住宅というものが
購入・賃借問わずに人の生活の本拠となる場所なので、
そこで自然死が発生することは当然に予想される事柄であり、
社会通念上は心理的瑕疵に当たらないとされています。

ただし、
賃貸物件の場合は前の入居者が
自然死も含めて何らかの理由で死亡した場合には、
次の入居者に対して
その事実を伝えなければならないとされています。

他にも火災や、土砂崩れ、
水害などの災害があった土地についても
同様の瑕疵とされています。

心理的瑕疵にはこれ以外にも
土地の権利関係者と紛争や、
近隣に墓地や反社会的勢力の拠点がある、
等のことも含まれています。

これら心理的瑕疵がどれだけ重大かは
人により判断が分かれるので、
告知義務を果たさないとトラブルが発生しやすく、
裁判に発展した例も多く存在します。

次回で残りの3、4について書いてみます。

 

この記事を書いた人
藤田正広 フジタマサヒロ
藤田正広
2020年で不動産業界25年となります。我々の本拠地である桜木町・野毛エリアを始め、横浜には素敵なお店が本当に沢山あります。素敵で美味しいお店の情報はお任せ下さい♪・・・と言いたい所ですが、スペース・エイドのホームページでは他のスタッフが皆食べ物系のブログを書き込んでいるので、入り込む余地がない?!
arrow_upward