スペース・エイド株式会社
9:00~19:30 何時でも可能
年中無休 ※年末年始除く
2020年07月09日
不動産情報

自分が住むための分譲マンションを買うならば、 ブランドマンションが良いではないでしょうか。その⑥

6回目となりましたが、今回は『東急不動産』

東急不動産の原点は「アルス」

東急不動産のアルスは、
大変歴史のある高級マンションブランドです。
1970年から展開されているアルスは、
東急不動産のネームバリューと、
その当時は珍しかった、
ハイエンド層向けの設備などを備えたマンションとして、
多くの支持を受けてきました。

現在でも
アルスブランドのマンションは全国各地に存在していますが、
東急不動産のブランド統合施策により、
この後紹介する、
「ブランズ」という名で展開されることになりました。

新築マンションは「ブランズ」に一本化

東急不動産は、アルス、プレステージなど
各種のブランドマンションを展開していましたが
競争の激化やブランドイメージの確立のために、
2006年から同社の全ての新築マンションを
「ブランズ」という名称に統合しました。

都心の一等地に立地を絞り、物件の敷地も広く確保。
周辺を高い塀で囲うことによって、
都心にいながらも、喧騒を離れてプライベート空間を味わうことができます。

富裕層向けのマンションで、
価格帯は1億円を超えるものが多く、
東急不動産のマンション事業の根幹を担うものとして、
近年積極的に建設されている模様です。

「安全性と高級感が欲しい」
という富裕層の要望に応えたブランドとなっています。

 

この記事を書いた人
藤田正広 フジタマサヒロ
藤田正広
2020年で不動産業界25年となります。我々の本拠地である桜木町・野毛エリアを始め、横浜には素敵なお店が本当に沢山あります。素敵で美味しいお店の情報はお任せ下さい♪・・・と言いたい所ですが、スペース・エイドのホームページでは他のスタッフが皆食べ物系のブログを書き込んでいるので、入り込む余地がない?!
arrow_upward