スペース・エイド株式会社
10:00~18:00
火・水曜日
2020年06月29日
不動産情報

自分が住むための分譲マンションを買うならば、 ブランドマンションが良いではないでしょうか。その⑤

今回は野村不動産です。

野村不動産といえば『プラウド』

野村不動産のプラウドは、
2003年に竣工が開始された比較的新しいマンションブランド。
最近ではTVCMも多く放送されるなど認知度も高く、
その人気は先発のブランドマンションを凌駕するものがあります。

少ない戸数でプライバシーを重視したい方向けの低層タイプと、
高層階で都心の夜景を楽しみたい方向けの高層タイプ、
双方の嗜好に対応しているブランドマンションです。
関東のみならず大阪や名古屋でも展開しているなど、
今や日本を代表する高級マンションブランドと言えます。
大規模物件のプラウドシティもあります。

プラウドタワーシリーズも人気ですね

プラウドタワーはその名前のとおり、
プラウドシリーズでも高層マンションを中心としたブランドになっています。
都心の高級住宅地である白金台や東雲、人気の高い武蔵小杉など、
重要なエリアに多数のマンションを展開しています。

ファミリー層にも人気の理由は、充実した共有設備や、
余裕のある敷地など、快適な生活を楽しめる設計のため。
また、ゲストを招きやすい広々としたエントランスやゲストルーム、
スタイリッシュな外観など、「住んでよし、招いてよし」
の人に見せたくなるようなマンションシリーズと言えるでしょう。

arrow_upward