スペース・エイド株式会社
9:00~19:30 何時でも可能
年中無休 ※年末年始除く
2020年06月19日
ブログ

「アパート」と「マンション」って何が違うの?

アパートとマンションにはどのような違いがあるのでしょうか?

結論から言ってしまうと、アパートとマンションの区分についてはそもそも明確な基準、決まりはありません。

管理会社が建物の調査に使用する登記簿謄本にも、建物の構造や階建て、面積などの記載はありますが、「アパート」「マンション」などの区分はされていません。

実は法律ではそういった基準はまったく決められてないのです。

驚かれる方も多いと思いますが、これらはあくまでも”呼び方”の一つであって、どのような条件の物件をそう呼ぶかは扱う側の都合によるのです。

ですので、不動産登記簿謄本には「鉄筋コンクリート造陸屋根2階建」といった構造に関する表記だけで、アパートやマンションといった区分は記されていません。

アパートとマンションを明確に区別する定義はない

しかし、不動産業界では便宜上、建物の構造によって区分することが多いです。

一般的に、木造や木造モルタル造、軽量鉄骨造(LGS造)等でつくられた集合住宅は、アパート。

そして、鉄骨造(S造)や鉄筋コンクリート造(RC造)、鉄骨鉄筋コンクリート造SRC造)等でつくられた集合住宅がマンション。

といった感じです。

この記事を書いた人
小泉さやか 鳥と爬虫類のハーフ♪
小泉さやか
成約して頂いたお客様のご家族や知人の方のご紹介などリピートして頂ける事に喜びと感謝を日々活力としております。体力には自信がありますので、納得がいくお部屋が見つかるまで何件でもご案内致します♪私自身ペットを飼っておりますので、ペット可物件の情報収集には自信があります。ペット可物件お探しのお客様お気軽にご指名下さいませ。
arrow_upward