スペース・エイド株式会社
9:00~19:30 何時でも可能
年中無休 ※年末年始除く
2020年06月02日
ブログ

「原状回復」ってどこまでが自己負担?!

賃貸物件では退去時に原状回復の義務を負うことが一般的になっています。

原状回復とは「入居時の状態に戻す」ということになりますが「入居した当時の状態に戻すこと」ではありません。

国土交通省のガイドラインによると、「賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を復旧すること」とされています。

過去に最高裁の判決で『原状回復は入居時の状態に戻すのではない。自然に生活をしてできた損傷や汚れなどは貸借人(入居者)が負担する必要はなく、賃貸人(大家)が敷金の中で支払うべきだ』という判決もでています。

つまり、賃借人が費用負担すべき部分は、故意や過失、または通常の使用を超えるような乱暴な使い方などで損耗・毀損したものについてということになります。

逆に言えば、経年劣化による損耗や通常の使用状態で毀損したものについては原状回復の義務ではないということになります。 例えば、賃貸物件に据え付けられた設備が入居時より古くなっていったとしても、借主は退去時にそれを新しいものに交換する必要はなく、そのままで良いということになります。また、壁クロスが自然に色あせたり、畳が日焼けしたものに関しても張替えの費用負担義務はないことになります。

退去時のトラブルを回避するには・・・

入居の際「チェックリスト」がある場合はキチンと確認して記録してください。

また、用意されていない事もありますのでそういった場合やチェックリストだけでは不安という時はどのような状態だったのか写真を撮って記録しておくことをオススメします。

後はお手入れを怠った場合も故意・過失となりますので

日頃からこまめにお掃除をして大切に使用することがとても大事です!!

この記事を書いた人
小泉さやか 鳥と爬虫類のハーフ♪
小泉さやか
成約して頂いたお客様のご家族や知人の方のご紹介などリピートして頂ける事に喜びと感謝を日々活力としております。体力には自信がありますので、納得がいくお部屋が見つかるまで何件でもご案内致します♪私自身ペットを飼っておりますので、ペット可物件の情報収集には自信があります。ペット可物件お探しのお客様お気軽にご指名下さいませ。
arrow_upward