スペース・エイド株式会社
9:00~19:30 何時でも可能
年中無休 ※年末年始除く
2020年01月15日
不動産情報

自分が住むためのマンションを買うならば、 ブランドマンションが良いではないでしょうか①

日本には数多くのマンションデベロッパーがあります。
一般的な所得の方向けのマンションから、いわゆる富裕層を対象としたマンションまで、
多岐多様なマンションの供給を各地で行っています。

中には、有名デベロッパーが特に力を入れ、
その会社の象徴となっているマンションブランドあるので、
以下、代表的な高級マンションブランドをご紹介していきます。
それぞれ特色があり、どのように展開しているのか参考になれば良いと思います。

高級マンションと考えた時、誰もが聞いた事があると思われるのは、やっぱり『三井不動産』ですよね。

【パークマンション】
三井不動産が誇る高級マンションシリーズ、パークマンション。
その最大の特徴は立地にあると言って良いでしょう。
麻布や千鳥ヶ淵、白金など、
地名そのものがブランド力を持つ高級住宅地を中心に展開されており、
「都会に住む」という憧れを実現しています。

シリーズ最初の三田綱町パーク・マンションは、
日本初の超高層マンションとされています。
以降も常に新しい提案を続け、
2000年には「土・石・漆を使った和の質感」を大切にする、
パークマンション千鳥ヶ淵を竣工するなど、時代に先駆けて新しいマンションを作り続けています。
一流の職人と最高級の素材を厳選したそのこだわりも、パークマンションならでは。

「立地、新しい提案、最高級の品格」の3つの条件を兼ね備えた格式高い佇まいが、パークマンションの魅力です。

【パークタワー】
超高層マンションに特化した、パークタワーシリーズ。
土地開発と一体となってデザイニングされたタワーマンションは、
ランドマークとして街に調和し、これからの未来を築き上げていくことを謳っています。

ゲストルームやキッズルーム、ラウンジなどのコミュニティスペース、
加えて緑にあふれる遊歩道なども設置されており、豊かな暮らしと住民同士のコミュニケーションの輪が広がります。
高層住宅ならではの免震構造・防災対策もなされており、安心の暮らしを手に入れられることでしょう。
また、マンションそのものの居住空間だけではなく、
ランドマークとしてのデザイン性の高さや商業施設の誘致など、周辺環境にも影響をあたえるものとなっています。

【パークコート】
こちらのコンセプトは「良質な住環境に佇む気品あふれる邸宅」。
静かな住環境ながら交通の利便性も高い都心の立地は、多くの人にとって憧れの的でもあります。
そんな歴史ある住宅街を中心に展開するパークコートは、
豊かな緑と静かで落ち着きのある土地にふさわしい本格邸宅となっています。
派手なラグジュアリー感や一過性の流行に流されない、けれど高いクオリティを保持し、
末永く愛される正統派の品格が感じられるマンションです。

都内初の長期優良住宅に選出された六本木ヒルトップをはじめ、
都心にありながら多くの緑を配した敷地では、四季折々の自然の変化をゆったりと楽しめるでしょう。
また、プライベートスペースの質の高さもパークコートの魅力です。
居住スペースは、開放感のある空間デザインと最新設備、プライバシーに配慮した設計がなされています。

そんなの知ってるよ!という方も多いかも知れませんが、

まずは特に歴史も長く知名度も高い三井不動産のマンションについて載せてみました。
今一度、そのブランドの魅力を振り返ってみるのも良いと思います。

まぁ長大な文になってしまうので、目も疲れてしまいますし(笑

今後も更に他のブランドも紹介させて頂きます。

この記事を書いた人
藤田正広 フジタマサヒロ
藤田正広
2020年で不動産業界25年となります。我々の本拠地である桜木町・野毛エリアを始め、横浜には素敵なお店が本当に沢山あります。素敵で美味しいお店の情報はお任せ下さい♪・・・と言いたい所ですが、スペース・エイドのホームページでは他のスタッフが皆食べ物系のブログを書き込んでいるので、入り込む余地がない?!
arrow_upward